機械式時計が欲しいけれどお手入れ方法が気になる!

時計はやっぱり機械式

最近は便利な時計が色々販売されています。電波時計のように時刻が正確で実用性の高いものもありますし、スマートウォッチのように時計以外の機能が充実しているものさえあります。こうした時計に比べると機械式時計は機能性では劣るかもしれません。でも、機械が時計を動かすという昔ながらのシステムに憧れる人も多いのではないでしょうか。また、機械式時計はメンテナンスをすれば長い期間使い続けられます。良い物を長く使いたいという人にもぴったりです。ただ、気になるのはお手入れ方法です。

日常のお手入れが大切です

機械式時計のお手入れは実はそれほど大変ではありません。現在販売されている機械式時計は自動巻きがほとんどですから、腕につけているだけで自然にぜんまいが巻き上がって時計が作動するようになっています。動かなくなった時は手巻きをすればすぐに作動するようになりますよ。卒側のお手入れも簡単です。時計に汚れが付着したら柔らかい布で拭き取りましょう。金属のベルトやケースに傷がついた時は金属磨き剤を使えばきれいになります。革のベルトの場合は皮革用のクリームでお手入れしましょう。

機械式時計はオーバーホールに出す必要があります

機械式時計を使い続けていると時間が正確でなくなってくるときがあります。そんなときはオーバーホールに出しましょう。時計を分解してメンテナンスしてくれます。オーバーホールは時計店で受け付けています。大切な時計を預けるのですから信用のおけるお店にお願いしたいものですよね。安さに釣られて技術の未熟なお店に頼んだら大変なことになります。なお、オーバーホールは定期的に行うことをおすすめします。4年に1回くらいの割合で行うと良いですよ。

フランスの高級ブランド、ブシュロン。もっとも有名なのはジュエリー、特に結婚指輪でよく耳にします。そのほかにも、時計や香水なども扱っており、日本にも直営店があり、多くのファンがいます。