七五三のお食事会、どうやってお祝いする!?

せっかくの七五三、思い出に残るお祝いを!

七五三といえば、子供が元気に成長したことを祝う日本ならではの行事。女の子なら3歳と7歳の2回、男の子ならば5歳の一度きりしかお祝いの機会はありません。そう何度もないお祝いのイベントですから、できるだけ楽しく思い出に残るようなものにしてあげたいですね。七五三のお祝いに、食事会を開いて祝福するというご家庭も最近では増えてきているようです。そんな七五三のお食事会を開く際、いったいどのようなことに気を付けたら良いかを少しご紹介してみたいと思います。

家族だけなら、子供の喜ぶレストランがお勧め!

まず、ご両親と子供のご家族だけでお食事会を開く場合は、ご家族だけですので気兼ねなくお祝いすることができます。お家でちょっと豪華なお料理をこしらえても良いのですが、せっかくですのでレストランなどでちょっとしたパーティを開いて見るのも良いのではないでしょうか。七五三といえばお赤飯やお寿司など和食のイメージがありますが、小さなお子さんはあまり和食を好まないことが多いようです。フレンチやイタリアンのレストランなどでも、最近では七五三向けのプランを用意しているレストランなども増えてきていますので、そういったレストランを利用するのもよい方法だと思います。

お客さんを招待する場合に気をつけたいこと

次に、祖父母や友人、知人などを招待する場合。ご家族以外の方を招待する場合には、やはりある程度かしこまった席の方がよいでしょう。個室のある和食料理店や、ホテルのレストランなどがおすすめです。こういった場所ではたいていの場合、七五三のお祝いに応じたプランやコースが用意してもらえます。お客様を招いた場合に注意しておきたいのは、お祝い金を頂くことが多いためお返しを用意しておくのを忘れないようにしておきましょう。お返しの品としては、紅白饅頭などの和菓子を贈るのが一般的なようです。いかがでしたか?せっかくのお祝いですので、子供にもお客様にも喜んでもらえるようなお食事会にしたいですね。

お参りした後、お祝いに行きたいのが七五三のレストランです。シーズンには七五三セットが置いてあるレストランを探すとメニューも合っていますし、少々騒がしくても寛容です、今はネットで簡単に検索できます。