一般家庭でも屋上緑化は出来る?メリットとデメリットを考えよう

一般家庭でも屋上緑化は可能

よくデパートや企業の屋上で見かける屋上緑化。公園や森などに行かなくても、都会でも木や植物に触れ合えることが出来るので癒しのスポットともいえますよね。緑を植えたいけど植えれる場所がない、屋上ならそういう悩みを解消してくれますよね。デパートなどでは一般的ですが、一般家庭ではあまり見かけませんね。デパートなどでも出来るので、工事やメンテナンスなどしっかりしておけば一般家庭でも屋上緑化をすることは可能ですよ。

屋上緑化にするメリット

メリットは、地球温暖化を防ぐことですね。二酸化炭素を吸って酸素に変えてくれるのでクリーンな空気に変えてくれますね。屋根が植物で覆われるので、夏は太陽の熱を遮ってくれるので涼しく、冬は建物の熱を外に逃げないようにしてくれるので、冷暖房を使わなくても1年中快適に過ごす事が出来ます。省エネで家計にも優しく、自然にも優しいですね。万が一火災が起きた場合も、火の燃え上がりも和らげてくれるし隣家からの火の燃え移りも防いでくれるんですよ!

屋上緑化にするデメリット

屋上緑化にするために、屋根を耐重量化したり防水処理を強化、防根対策など工事をしなくてはいけないので費用がかかってしまいます。メンテナンスも定期的に必要になってくるので、その際にも費用がかかります。屋上に育てるので地面が土ではなくコンクリートなので植物を育てるのが少し難しくなります。乾燥もしやすいのですぐに地面も乾いてしまうので、地上よりも水を多くあげたり水やりの回数を増やさないといけません。排水口はつまりがないようにきれいに掃除をしておきましょう。地上で育てるよりも手間がかかってしまいます。

屋上緑化を推進することで、企業イメージの向上につながることはもちろん、従業員の過ごしやすい職場環境を整えることもできます。